仙台初詣当病平癒 介護保険

介護保険 保険者と保険料

仙台初詣当病平癒 介護保険の手続き

仙台初詣当病平癒 介護保険 保険者と保険料

仙台初詣当病平癒 保険者

 介護保険の管理運用を行う中枢機関の事です。
国民健康保険(以下「国保」)と同様に、各市区町村がその役割に当たります。
 収入(保険料・交付金)、支出(給付費・審査費)を管理し、統計データ(予測値含む)を管轄の都道府県に報告し、その他関連機関を監督します。
また、介護認定審査依頼や特別徴収実施依頼を各担当機関に行います。
更に、国民健康保険団体連合会へ受給者情報(要介護レベルや給付限度額など)の提供を行います。
 原則、各市区町村がそれぞれ独立した保険者と成りますが、財政・環境の制約の為に、共同運営(広域対応)で当たることも可能です。
特に小さな市区町村では広域対応が進められようとしています。

仙台初詣当病平癒 保険料

 詳細な保険料は、いまだ確定していません(厚生省の試算では、一人当たり2,500円〜3,500円と成っています)。
ただし、負担割合は決定しています。
市区町村別に全体の経費をその負担割合に照らして、保険料が算定される事に成ります。
 この時、被保険者の収入(年収)も考慮され、「応能+応益」が適用されます。
ただし、保険料は青天井ではなく、上限が設定されます。
 応能に関して、65歳以上の保険料体系は、5段階に設定されています。
その人の所得により、どのレベルで賦課計算されるか決まります。
 40歳以上65歳未満の人は、65歳以上の人と賦課計算式が異なります(割高に)。
サラリーマンに於いては所属する健康保険組合によっても賦課計算が異なる為に組合により保険料が異なります。
又、40歳以上と65歳以上では保険料のみ成らず、徴収方法も異なります。
 保険料は、国・地方自治体・被保険者がある割合で負担します。
健康保険では事業者(企業)と被保険者で保険料を折半しますが、介護保険に於いては国・自治体と被保険者で折半します。
 保険料を滞納した場合、期間によって延滞金の徴収が行われます。
保険料(延滞金含む)の時効は、督促状を送付した翌日から2年と成っています。
(国保を保険税として徴収している場合は、国保のみ時効は5年です。)
又、保険料未納の場合は、利用時にペナルティー(全額個人負担など)が与えられます。
その期間や程度は原則未納程度に依存しますが、最終的には各市区町村の裁量で決定されます。延滞金についても、同様です。
 賦課徴収の対象は、自市区町村の住民に限ります。
その為、例えば住民移住の手続き(転出転入)で、転出手続きをしたにもかかわらず転入手続きを怠った場合、その期間は保険料の徴収は行われません。
ただし、転入手続きをした時点で遡及(過去に遡って請求される事)されます。
遡及期間は、最大過去2年分となります。

要約すると以下のようになります。

負担料率
・ 国   :25%
・ 都道府県:12.5%
・ 市区町村:12.5%
・ 被保険者:50%(予測:2,500〜3,500/1ヶ月)

徴収方法
  • 65歳以上
    原則、年金から天引き(特別徴収)されます。全体の8割の年金受給者が該当すると予測されています。
    年金が保険額に満たない場合は、被保険者が直接市区町村に支払います(普通徴収)。
    保険料は、市区町村によって異なります。
    国保料と一体徴収される場合も有ります。
  • 40歳以上65歳未満(自営業者)
    被保険者が直接市区町村に支払います。
    保険料は、市区町村によって異なります。
    国保料と一体徴収される場合も有ります。
  • 40歳以上65歳未満(サラリーマン)
    健康保険料と併せて徴収されます(給料天引き)。
    保険料は、保険組合によって異なります。
時効
滞納分(延滞金含む)2年(時効中断した場合は3年)
遡及分2年 です。

仙台初詣当病平癒 介護保険TOPに戻る